消防設備点検
消防設備点検 消防設備点検していますか? 点検が必要な消防用設備等 当社は愛知県近郊の施設を対象に消防設備点検を実施しています。どのようなご相談も当社スタッフが丁寧に応対させていただきます。 お問合せは電話またはメールでお気軽にどうぞ! 当社の消防設備点検施工事例はこちら 消防設備点検をせずに法令に定められた基準に満たなかったことが原因で様々な事故が起きています。
2013年10月の死亡火災事故
院長「謝罪するしかない」=消防設備不備認める―福岡病院火災
福岡市博多区の「安部整形外科」で入院患者ら10人が死亡した火災で、同病院の安部龍暢院長(46)が11日、福岡市役所で記者会見し、「8人が亡くなり、院長として心よりおわび申し上げる。謝罪するしかない」と述べた。夜間の当直態勢や消防設備の不備も認め、「患者さんを殺しました。すみません」と涙を流しながら頭を下げた。
2001年9月の死亡火災事故
44名が死亡の新宿歌舞伎町雑居ビル火災
管理責任としては、2003年、ビルのオーナーらは、消防法違反、業務上過失致死の疑いで逮捕された。その後、東京消防庁から、ビルは使用禁止命令が出され、犠牲者の遺族は、ビルのオーナーを相手に損害賠償訴訟を起こした。2006年、和解が成立し、ビルは解体された。その和解金は10億円以上であった。そして2008年、ビルのオーナーらは、業務上過失致死で執行猶予つきの有罪判決が下された。