消防設備点検

消防設備点検

お見積り、お問合せは0120-6789-23まで
消防用設備等に点検済票(ラベル)が貼られていますか?

はじめに

非常灯・誘導灯は、「命のあかり」です!
ビル、ホテル・旅館、ショッピングセンター、病院・福祉施設・・・

不特定多数の人が利用する施設はいざというときにスムーズに非難できることが大切です。
停電した場合、非常灯・誘導灯は、居室を明るく照らし、避難経路を示す「命のあかり」です。
非常灯・誘導灯は、万一の場合に点灯しなければ「命のあかり」の役割を果たすことができません。
オーナー・管理者様には、こうした防災照明設備を確実に保守・点検し報告する義務があります。

消防設備設置・点検 ポイント

消防用設備等に点検済票が貼られているでしょうか?
点検済票ラベルは、都道府県消防設備協会が一定の要件を満たしている点検実施者(表示登録会員)に交付するものです。
・点検済票とは、点検が適正に行われ機能が正常である事、維持管理が適正に行われている事を関係者・利用者に知らせる物です。
・点検済票が貼られている事によ点検実施者や点検日などが明確になり、利用者にも安心感を与える事が出来ます。又、立ち入り検査等の一部簡素化が図られます。
 

点検済表示制度とは・・・

  • ・消防用設備等の点検が適正に行われ、機能が正常であるものに、点検済みの行事をし、点検実施者の責任を明確にするとともに防火対象物の関係者、利用者などに維持管理が適正に行われていることを知らせるものです。
  • ・防火対象物の関係者・都道府県消防設備協会・点検実施者などが、消防用設備等の維持管理の適正化を図ることを目的に一致協力して推進するものです。

点検済票(ラベル)が貼られることによって・・・

安全のシンボルマークとして、建物利用者に安心感を与えます。
  • ・点検実施者の責任が明確になり、適正な点検が推進されます。
  • ・点検日、点検の内容が分かります。
  • ・次回の点検時期が分かり、維持管理の徹底が図れます。
  • ・点検報告や立ち入り検査などの行政事務の一部の簡素化が図られます。
表示登録会員は、高い技術を持っている
点検のプロフェッショナルです。
点検済票(ラベル)の洋式・種類

法令点検・報告を怠ると…

「1億円以下の罰金」という厳しい罰則が定められています
法令点検・報告を怠ると、罰金が科せられる可能性があります。 非常灯・誘導灯はオーナー・管理者様が関連法令に基づいて維持・管理し、定期点検及び報告を行う義務があります。誘導灯は消防法で、非常灯は建築基準法で規定されています。
詳細については、防災照明器具保守・点検リニューアルのおすすめパンフレット(JLA1030)を参照ください。
(日本照明器具工業会ホームページでご覧になれます。)

消防法では、使用停止命令などを受けた違反法人がそのまま使用を継続した場合は、「1億円以下の罰金*」という厳しい罰則があります。オーナー・管理者様の安全に対する責任は重く、
「知らなかった」では済まされません。

*消防法第45条による

丁寧な消防設備点検で安心して暮らせるお住まいを名古屋の創功がお贈り致します。

名古屋だけに限らず愛知の方のお住まいや店舗のお客様が本当にお求めになっている、
リフォーム施工や消火設備点検業務や消防用設備等を叶える名古屋の創功です。
いざと言うときの為の備えは大切で、万が一にも不備があっては大変な事になってしまいます。
名古屋の創功は消防設備点検資格者が責任を持ち、いざと言うときの備えを完璧に行います。