mixiチェック

ブログ

2020年02月11日

ホテル防火不備のまま営業 消防が再三指摘も「未設置」でないため非公表に

福岡県宗像市のホテルが自動火災報知設備や防火戸の故障といった消防法令などの違反を消防から再三指摘されながら、改善せずに営業を続けていることが関係者への取材で判明した。消防には違反建物を公表する制度があるが、公表対象となるのは主要な3設備の「未設置」の違反に限られるため公表されておらず、専門家は制度の不備を訴える。

問題のホテルが入る建物は1990年に完成した鉄筋コンクリート造り11階建てで、一部は分譲マンションとなっている。宿泊客の安全を確保するため、ホテルなどの宿泊施設は「防火対象物」と指定され、消防法令で消防用設備の設置や防火管理の実施などが義務づけられる。

しかし地元の宗像地区消防本部の内部資料などによると、2019年12月の消防法に基づく査察の際、このホテルは一部階で自動火災報知設備が故障していたほか、宿泊客らに火災を知らせる館内放送など非常警報設備が故障、各階の防火戸も腐食により閉じなくなるなど数多くの法令違反が見つかり、改善を指示されていた。

複数の関係者によると、ホテルは遅くとも17年以降、消防設備の不備を指摘され続けているが一部しか改修されていないという。設備の改修はホテルとマンション所有者が加入する管理組合が実施することになっているが、管理組合関係者は「火災訓練の時は従業員が客室を回って『火事です』と伝えるしかなく非常に危険な状態。ホテルが経営難で管理組合に管理費を払えず改修資金を捻出できていない」と証言した。

「故障」は公表対象外 経営者「危険とは思わない」

一方、宗像地区消防本部は18年4月に違反建物の公表制度を導入している。ただ対象は屋内消火栓設備と自動火災報知設備、スプリンクラー設備が「未設置」の場合に限られている。その他の設備はそもそも対象外で、この3設備についても「故障」は公表対象とならない。同消防は今回のケースを公表していない。取材に対しホテルへの警告や改善命令を出していないことは明かしたが、詳しい実態は「個別事例」を理由に開示していない。

ホテルを経営する男性は毎日新聞の取材に「消防設備の技術的な問題は分からないが、危険な状況とは思っていない」としている。【吉住遊】

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
創功
http://www.koumutensan.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県名古屋市熱田区横田2-1-32
TEL:052-681-3456
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇